コラーゲン注射で判ったメリットとデメリット

コラーゲン注射のデメリットは効果の持続期間の短さ

コラーゲン注射のメリットは手軽で安全効果も高い : コラーゲン注射のデメリットは効果の持続期間の短さ : 持続期間が短いので定期的にコストをかけられるか否か

細かなデリケートな部位をケアしたいなら、こちらの方が優位性も高そうです。
アレルギー反応の心配がないのも、コラーゲン注射の魅力ではないでしょうか。
ヒト由来のものを使用するのが通常ですから、パッチテストのようなことを探り探りやったりはしません。
もともと人体にあったものを注入するということで、安心感や安全性が段違いです。
注入後のトラブルが不安な人にも、手放しでおすすめをすることができるでしょう。
一方で懸念になるのは、持続期間の短さでした。
最初から言われていたことではあったのですが、私は施術から半年ほどで元の状態に戻りました。
効果は少しずつ薄れていくものの、毎日注意深く観察していればその経緯もハッキリと視認することができます。
早ければ3ヶ月で効果が切れる人もいるため、長期的に対策したければ継続して施術してもらわなければならないのがネックかもしれません。
費用も、1回で10万円前後します。
私は11万円だったのですが、これは麻酔料金も込みの金額でした。
最長半年ほどの効果に対して10万円と聞き、感じる気持ちは十人十色だと思います。
私はあまり裕福な立場ではないので、月2万円弱の換算にしたときに初めて高いなと感じてしまいました。
リスクなくできることも考えれば安いのかもしれませんが、なかなか2回目以降の再注入には踏み切れなかったです。